ビジネススーツをおしゃれに着こなすテクニック

オーダースーツを活用する

ビジネススーツでポイントになるのは、シルエットだといわれています。いくら女性にモテる色や柄を取り入れていても、そのスーツが体型にフィットしていなかったら、おしゃれ度は下がってしまうのです。特に幼少のころからずっと同じスポーツをやっている人は、特定の部位の筋肉が発達してジャケットとパンツのバランスが取れなくなってしまう傾向があります。 そんなおしゃれ度の低下を解消するために推奨されるのが、オーダースーツです。たとえば長年にわたってサッカーをしていると、太ももの部分に筋肉がついて既製品のスーツだとシルエットが崩れがちですが、オーダースーツを活用することでジャケットとのバランスを整えることができます。高身長のわりにスリムな体型の男性も、オーダースーツであればダバダバした印象がなくなり、おしゃれに着こなすことができるでしょう。

ネクタイは、くぼみのある結び方をする

またどんなネクタイを合わせるかも、ビジネススーツの印象を大きく左右します。極端に太いネクタイが流行した時期もありましたが、昨今のビジネスシーンでは女性ウケがあまり良くありません。2つボタンのスーツには、平均的な8センチくらいの幅のネクタイを合わせるようにしましょう。

そしておしゃれに見せるテクニックとして重要なのが、ネクタイの結び目です。結び目にくぼみを作ると、首回りに立体感が生まれおしゃれな印象を与えることにつながります。ちなみにネクタイを結んだときにできるくぼみの名称は「ディンプル」です。人差し指でネクタイのセンターラインを押さえながら結び目を作ると、綺麗なディンプルが完成しますよ。単調なビジネススーツでも首回りにディンプルがあることで、素敵な着こなしに見せることができるのです。