モテたいならば実践しよう!職場でできるおしゃれとは?

足元にスエード素材の靴を取り入れる

近年は、勤務中のカジュアルファッションを認める企業が増加しています。ファッションのバリエーションが広がったことで、おしゃれの難しさを痛感しているビジネスマンも多いのではないでしょうか。

せっかく服装をカジュアルにしたのに、足元は革靴のままという男性がいますが、はっきり言ってカジュアルファッションにビジネス用の革靴はあまり馴染みません。そこで推奨されるのが、スエード素材の靴です。丸みのあるデザインのスエード靴は、足元を上品に仕上げてオフィスカジュアルのおしゃれ度をアップさせてくれますよ。靴はボトムスやパンツと比べると目に入るウエイトは低いですが、足元にまでしっかりとおしゃれを浸透させているビジネスマンは、女性ウケがいいのです。

ワイシャツの下にはカットオフインナーを着る

ワイシャツの下に着るインナーも大事な要素になります。ランニングシャツの線が透けていたり、第1ボタンを外したときにインナーが首元から見えていると、女性は不快感を覚える傾向があるのです。上着を脱いだときもおしゃれ度を低下させないために、ワイシャツの下には「カットオフインナー」を採用しましょう。カットオフインナーには縫い目が無いため、白のワイシャツを着ていてもインナーの線はほとんど目立ちません。Vネックタイプにすれば、第1ボタンを外しても首元からインナーが覗くこともありませんよ。職場ではインナーの存在を感じさせないように着こなせるかどうかが、おしゃれの明暗を分けるのです。

ファッションアイテムのなかでインナーは地味な存在ですが、周囲の女性は意外と見ているので、手抜きはしないようにしましょう。